連休ですね、皆さんいかがお過ごしですか?

松尾吉将 博多人形工房は、東京から帰った主を待ち構えていたように、いつもどおり動いています。

 

日曜日が母の日ということで、今日、母屋に住む主人の母に少し早めのプレゼントを届けてきました。

 

連休前に、少し義母に心配かけるようなことをしてしまったので、謝るタイミングが欲しかったのと、

その他いろいろな気持ちがあって、華やかで元気が出るような色目で花束を作ってもらいました。

 

お姑さんとの同居は大変でしょう?とか、お姑さんから言われたらガツンと来るでしょう?とか、よく聞かれるんだけど

 

私にとって、彼女は、”お姑さん”であり、”上司”であり、かつ最大の”同志”でもある女性だから。

 

人形師の妻として、実家の母よりも、ましてや主人よりもずっと、共感と共有できる想いがたくさんたくさんあるから。

助けてもらうことのほうが多すぎて、横にいないほうがむしろ大変。(笑)

 

主人と大げんかして、布団の中から二日間出なかったとき「おかゆと卵と梅干し」の回復セットを持ってきてくれたのもお義母さん。

「食べな元気出らんよ。」

またまた主人と大げんかして、夜に電車に乗って家出した翌日も「うちに来ればよかったのに、寒かったろうに。」

言いたいことは山ほどあろうに、主人とのケンカに母からお小言、言われた記憶ないかもしれない・・・。

 

人形師の妻としての、葛藤も、苦労も、そしてなにより、やりがいも、一番理解してくれているのはお義母さん。

 

だから、私は、彼女のことが大好きです。

 

「おかあさん、先日はご心配おかけしました。」そう言いながら主人と一緒にこころばかりの花束を渡しました。

IMG_8279

こんなカードを添えたとしても、心は愛する息子にっていうのも知ってるから。(笑)

 

ヨメのシュートメさまへの叶わぬ片想いは、これからもずっとずっとずーっと、続くのです・・・。